スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎっくり腰のときは・・・

ぎっくり腰になってしまったら・・・

とにかく安静、そして冷却!!

温めてしまうと、悪化します。
それは、ぎっくり腰=ねんざだから。

st-gikuri.jpg

楽な姿勢で、患部をひやします。
保冷剤をタオルでくるんで、当てます。
(肌に直接では、凍傷になります。)

楽になるまで根気よくひやした方がいいでしょう。
湿布では、あまり冷えずに効果がでにくい。

st-gikuri2.jpg

炎症がとれて、うつ伏せになれるようなら、
太ももを踏んでもらうと、楽になります。
「気持ちがよい程度」で。痛すぎるのは逆効果。

ヒザの裏は、踏まないように。ヒザを痛めます。

st-gikuri3.jpg

傷めた腰は、なるべく触らず、ひやすだけ。
太ももでもキツかったら、ふくらはぎをそ~っと。
それでもキツいなら、足の裏からほぐします。
スポンサーサイト

内ももストレッチ3

内ももストレッチ2」にくわえて
てのひらで押すようにするのも効果的。

st-utimomo2.jpg

ひじを上手に使うと、ラクチン。
うでの力でおすのではなく、
体重をかけるようにすると簡単。
st-utimomo3.jpg

股関節がかたすぎて、あぐらがかけない人は、
内ももストレッチ1」をどうぞ♪

内ももストレッチ2

st-utimomo1.jpg
内ももの硬い人は、股関節が外側に開きにくい。
あぐらの苦手な腰痛もちさんは、
こんなストレッチで楽になります。

股関節とヒザ、足首を90℃にまげてすわり、
ヒザを下に押しつけるようにする
30秒くらい、じんわりと。
痛くてもきもちいい程度に。

妊婦にもオススメ
股関節を柔らかくして、安産をめざそう。

テレビをみながら、どうぞ。

内ももストレッチ1

st-utimomo4.jpg
写真を加工して、ストレッチのページを作成中。
でも集中力がおちたのか、はかどらないわ。
おじゃま虫は寝ちゃってるのに。

さて、これは内もものストレッチ。
股関節がかたくて、外側に開かない人、
あぐらがかけない人、
生理痛のひどい人などの腰痛に効果的。

痛いけど、気持ちいいな~という程度を維持し、
30秒間ゆっくり伸ばすのがポイント。

「いたたっ!」と10秒くらいでやめてる人!
痛いだけであまり効果ないですよ。
30秒くらい延ばして、やっと伸びてくるんです。

それを左右交互にやると、
股関節、腰が楽~になってるとわかります。
ぜひお試しを。

ちなみに、私は陣痛が始まったとき、
内ももを伸ばしたい!とこのストレッチをやったせいか、
初産なのにあっという間に産まれてしまった。
骨盤が開いて、準備態勢ととのったのだと解釈してます。

さらに、生理中に内ももを柔らかくすると、
生理痛が楽になる上、経血もどんどんでてくるようです。
結果、すっきりと楽に終わるようです。
(わたしはほとんど、生理痛ないですが。。。)

こうかくと、女性にだけ有効なようですが、
男性もかたい人、大勢います。重要です。
プロフィール

ひまわり ゆき

  • Author:ひまわり ゆき
  • 整体・リフレクソロジーのセラピスト。 
    2005年に長男ヒロキ,
    2009年に次男トモキを出産。現在ぼちぼち仕事に復帰

    ↓↓↓現在のランクは何位??
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。