スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしゃぶり

20051121170600
おしゃぶりは顎の発達、口呼吸の予防にとても良いらしい
できれば4才くらいまでさせた方が良いという

口呼吸の癖が付くと、なかなか治し辛いので
幼い内にしっかり鼻呼吸をさせておきたいからです

歯並びが悪くなるからやめた方が良い、という説もあるけど
以前紹介した西原克成氏の著書によると、
心配する必要はないそうです

なぜなら、確かに乳歯の歯並びは悪くなる事があるけど
顎が良く発達して広くなれば
永久歯の歯並びはきれいになるから、だそうだ

この説は理に叶っているように思うので
ヒロキにも使わせている

おすすめはPIGEON社とNUK社のおしゃぶりで、
人間工学に基づいた設計がされているそうだ

落とさないようにおしゃぶりホルダーも買おうかと思ったけど、
家にあったクリップ付携帯ストラップで代用

かわいくはないけど問題ナシ!

ただ母乳保育をしていると、赤ちゃんはあまりおしゃぶりをほしがらなくなるので
小さい内から使わせて、慣れさせた方が良いらしい

ヒロキも口寂しい時しかしゃぶらないので
これからはなるべく付けさせる予定

こんな事ばかり書いて、まるで私が
子供の健康にものすごく気を使っているようだけど
どちらかというとヒロキを使ってあらゆる実験をしている感じ…
実験が成功しますように…!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは(^^)

西原克也著「健康は呼吸で決まる」は私もとても為になりました・・。
ただ、読んだのは息子もしっかりおしゃぶりを卒業しちゃってからだったけど(笑。
息子が乳幼児のとき、おしゃぶりを早々に外させるのは日本くらいと知り、各種買った私。でも本人は、
「なあんか、一生懸命吸ってんのに おっぱいじゃないじゃん~」
と騙された気になるのか、あんまり好きじゃなかったみたいで1歳になるころには、すっかり用無しになっちゃった。
まあ、でも寝てる時にも普段も 口を閉じてしっかり鼻呼吸が出来ているので よしとしよう・・とあきらめました。
私のように、大人になってから口呼吸を直そうとするとホント大変ですよ~。

古い風習からか、おしゃぶりをさせていることに罪悪感のようなものを持たれるお母さんも沢山いるのがまだ現状。
早く、産院だとか保健婦さんとか、積極的におしゃぶり指導をしてくれるようになるといいですね。

そうそう

takaさんこんにちは

そうそう、ヒロキも一生懸命チュパチュパして
「吸っても吸っても、何もでない!」って、ペッと吐き出したりしてます。
どうやって慣れさせたら、吸うようになるのかな~と、
これまた実験中でございます(^^)

無理矢理押しつけるつもりはないんだけど、
まあ様子を見ながら、ヒロキに合わせてやってみようかと。
おしゃぶりがなくても息子さんのように、ちゃんと鼻呼吸を体得して、
顎が発達してくれれば、問題ないんだしね!

おしゃぶりには賛否両論、いろいろあるけれど、
「みっともない」という理由から無理に外す、というのはいただけないな~と思います。
アメリカでは4才くらいまで普通にさせるそうですし、
必要があるのならば、美意識で取捨選択しないようにしたいですね。

プロフィール

ひまわり ゆき

  • Author:ひまわり ゆき
  • 整体・リフレクソロジーのセラピスト。 
    2005年に長男ヒロキ,
    2009年に次男トモキを出産。現在ぼちぼち仕事に復帰

    ↓↓↓現在のランクは何位??
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。