スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち会い分娩の講習会

出産には夫に立ち会ってもらおうと思っています。
陣痛の波を乗り越えるのも、一人よりは心強いし、
思いっきり掴んだり、引っ掻いたりしても大丈夫だし?!
医療関係者なので、分娩室に入っても
具合が悪くなるタイプではないと思うので。

それに、子供との最初の対面を二人でできるなんて、
なかなかいいんじゃない?と思っています。
(私だけ産みの苦しみを味わうなんてずるい!
一緒に分かち合え!という気持ちもあるなあ・・・)

立ち会い分娩希望者は講習を受けなければならないので、
先週二人で行ってきました。

出産のビデオを見たり、陣痛中のマッサージ法を習ったり、
妊婦モデル(胸とお腹に10kg位の重りが入ったベスト)を
夫に着せて、妊婦の大変さを体験させたり。(写真)
なかなか面白いものでした。
ninpum.jpg

参加者は9割くらい夫婦2人連れ。
他には実のお母さんと来た人、子供連れで来た人もいました。

これからパパになる方達の思い入れも様々なようで
「本番で泣かないように頑張ります!」という人、
「倒れないようにしたいです・・・」という人、
「へその尾を切りたい!」と張り切っている人など、様々。
分娩室には、いろいろなドラマがありそうですね。
(ちなみに、うちの夫には特に思い入れはないようです)

ただ、この立ち会い分娩も、自然出産の場合のみ。
帝王切開になった場合は、立ち会いはできません。
そして、夫が仕事などで抜けられない場合も無理。
出産まで3日くらいかかった場合も、
立ち会い者は予定が組めなくて大変だろうなあ。

休日の朝病院に行って、夕方には出産、
なんていいタイミングで産まれてきたら、いいのにね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひまわり ゆき

  • Author:ひまわり ゆき
  • 整体・リフレクソロジーのセラピスト。 
    2005年に長男ヒロキ,
    2009年に次男トモキを出産。現在ぼちぼち仕事に復帰

    ↓↓↓現在のランクは何位??
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。