スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「よだれかけ」なんて呼ぶ?

調べて参りました、「よだれかけ」のあれこれ。
なかなか面白い事実が判明しました!

○「スタイ」は日本以外では通じない!

最近はよだれかけのことを「スタイ」と呼びます。
てっきり、よだれかけの英語名と思っていたら、
実は日本だけの呼び名でした!

英語でよだれかけは「bib」
「スタイ」はよだれかけを販売してた
アメリカのメーカー名から来ている、とか。
(メーカーの正式名称は不明・・調査中です(笑)

○「あぶちゃん」は東京方言

よだれかけのことを「あぶちゃん」と呼びませんか?
私の周りでは呼びます。

近世、油売りがつけていた胸当てに似ているから、
よだれかけを「あぶらやさん」と呼ぶようになり、
「あぶちゃん」と変化したようです。

そして、「あぶちゃん」は
東京都と静岡県賀茂郡で使われる方言らしい。
他の地域ではなんと呼ぶのでしょうね?誰か教えてください。

○「おかけ」は「打掛」

千葉の友人は「おかけ」と呼ぶそうなので調べてみたら、
元は江戸時代に「打掛」を指す言葉だったみたい。
胸にかけるから、「おかけ」と呼ぶようになったのかな?


ついでに、調査

○「おむつ」と「おしめ」はどちらが古い?

「おむつ」の語源「むつき」は室町時代中期(1400年頃?)から、
現在の意味として使われていた証拠があります。

(「赤ちゃんの服」の意味としては
平安時代中期の文献(934年)に出てきます)

「おしめ」の語源「しめし(湿布)」は
平安時代後期の文献(1128年)に見られるのが最初のよう。

推測になりますが、「しめし」の方が「むつき」より、
現在の意味としては、古くから使われていたのかも知れません。


ついでに、
「おむつ」という言葉は1910年「網走まで」(志賀直哉)、
「おしめ」という言葉は1904年「火の柱」(木下尚江)が初出。

20世紀の初めごろに、「しめし」「むつき」に「お」をつけて、
「おしめ」「おむつ」と呼ぶようになったみたいです。

「お○○」というのが当時の流行語だったのかも知れませんね・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

スタイって英語じゃなかったんですね。
てっきりそうだと思ってました。
関西は「よだれかけ」しか無いと思います。
色々なんですね~。

びっくりだよね~

スタイという言葉、妊娠してから育児雑誌などで知りましたが、
一体いつ頃から、使われ始めたんでしょうね?
多分、ベビー用品を買ったことある人しか、知らない言葉だと思うんだけど。

どうも日本では、カタカナ言葉を「かっこいい」ととらえて、もてはやされる傾向ありますよね。
でも、日本でしか通じない、どこぞのメーカー名など、なぜ広まるのか・・・

関西ではやはり「あぶちゃん」とは呼ばないんですね。本当に方言なんだなあ・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

スタイなんて言葉、聞いた事ありませんね。私の時代にはないと思うよ。

やっぱり

私が赤ちゃんの頃にはなかった言葉だよね。
妹の頃にもなかったろうから、20年以内に出てきた言葉かな?
こういう語源は、どこで調べればいいんだろう??気になる・・・
プロフィール

ひまわり ゆき

  • Author:ひまわり ゆき
  • 整体・リフレクソロジーのセラピスト。 
    2005年に長男ヒロキ,
    2009年に次男トモキを出産。現在ぼちぼち仕事に復帰

    ↓↓↓現在のランクは何位??
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。