スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「抱っこ法」


こんな本を読みました。
「大好きを伝え合う子育て」阿部秀雄著

子供に泣かれるのは悪いこと、早く泣きやませたい・・・
と親はつい思ってしまうけど、それって本当に正しいの?
泣かなければ癒されない気持ちだってあるんだよ。

・・・という感じで、いわば「上手な泣かせ方」を覚え、
子供が本当に訴えたい思いに気づいてあげよう、
というような本です。

読んで、あ~なるほどなぁ、と目から鱗が落ちました。

泣くことは悪いこと、と言われて、
泣きたいのに泣けない子供って、多いそうです。

そうすると、気持ちが発散できなくて、苦しくなる。
苦しい思いをどうにかしたくて、わかってほしくて、
夜泣き、人見知り・・・いろいろな行動に出ているのかも。

上手に、「癒しの抱っこ」という方法を使い、
子供の本当の気持ちに耳を傾けると、
親も子も、気持ちが解放されて、とても癒されるそうです。

しかし、ふむふむ、なるほど・・・と思うのだけど、
実際やろうと思うと、なかなか難しい。
分かったようで、分からない。奥が深いなあ、という感じ。

でも、「泣くのは悪い事じゃない」というのは、
とても大事なことだな、と思いました。
気持ちを無理に抑えつけ、苦しくなるのなら、
わ~と泣いて、すっきりした方がいい。

子供の泣き声でイライラする、自分を責めてしまう、
そんな気分になる人に、ぜひお勧めしたいです。
ちょっと気持ちが楽になると思うから。

HPもあります。「癒しの子育てネットワーク
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ひまわり ゆき

  • Author:ひまわり ゆき
  • 整体・リフレクソロジーのセラピスト。 
    2005年に長男ヒロキ,
    2009年に次男トモキを出産。現在ぼちぼち仕事に復帰

    ↓↓↓現在のランクは何位??
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。