スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あせも

暑かったり寒かったり、ずいぶん陽気の変動が激しいこのごろ。
「新生児は体温調節を自分で出来ないから、
衣類や寝具で充分気をつけてあげましょう」という教えが
なかなか難しいことが解って参りました・・・

退院した日が寒かったので、
その日は赤ちゃんに3枚重ね着させておきました。
でも翌日からは暖かく、2枚で充分だったのに、
そのまま3枚重ね着を続けていたら、
一昨日彼は、汗だくになって寝ておりました・・・

それでもあんまりぐっすり寝ているので、
全然気づかなかった・・・ごめんヒロキ。
授乳のあとはすぐに熟睡する彼が、
その日はぐずってぐずって様子がおかしかったので、
あれこれ試したあげく、やっとびしょぬれの肌着に気づいた次第。

その翌日も、室温の高い部屋で、布団をしっかり掛けておいたら、
いつの間にか全身真っ赤にしてのぼせていた・・・
目覚めた彼はいつもよりずっと機嫌悪く、
いつものおとなしさはどこへやら、
無我夢中でわめき、授乳中も大暴れ。
そしてものすごい勢いで母乳を飲んでは、また大泣きした。

あわてて体温を測ると、やはり熱が高い。
遊びに来ていた夫が顔や首を冷やしてあげて、
やっと落ち着いたようだった。
生後10日でとんでもない目に遭わせちゃった・・・と反省。

そして今日、彼の二の腕に真っ赤なあせもを発見。
よく見ると額にも小さなブツブツがたくさん。
うわぁ、ごめんなさい・・・

とりあえず沐浴させて、こまめに肌着を取り替えて
清潔を保つように心がけることにしました。
早くよくなりますように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

懐かしい・・と思ってしまいました(^^;
そうなんですよね・・
私も結構単純な事で気がつかなかったりして あたあたしちゃうこと多かったです。
大体自分が着てる洋服の重ね方の温度感覚で、ベビーの服の重ね方を考えると良いのよ~と私は母に言われました。さらに、布団の中ってあったかいわけで、新生児はいつでも寝てるわけで、さらに大人より体温高いので、気をつけてないとのぼせちゃってる赤ちゃんは、仕事先でよく見かけたりします。
あせも・・もそうですが、大体生後2週間くらいで乳幼児しっしん。うちは脂漏性になって黄色い汁がいっぱい出て魚のうろこのようになってしまい、かなり不細工な様子になりました。どうしたらいいんだろーと途方にくれてましたが、1ヶ月検診の時に、こういうのがガシガシ石鹸で洗ってやるのよ~と看護婦さんに言われて、あらーそうだったのね・・と納得。はがしちゃいけないのかと思ってた私でした。
その後は、お風呂とは別に、一日数回しっしんが出てるところを頭やら顔やらを石鹸で洗ってやってました。
ひやあ・・振り返ると新生児育てるのって、かな~りの手間ひまかかってましたね~。もう忘れてた・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ひまわり ゆき

  • Author:ひまわり ゆき
  • 整体・リフレクソロジーのセラピスト。 
    2005年に長男ヒロキ,
    2009年に次男トモキを出産。現在ぼちぼち仕事に復帰

    ↓↓↓現在のランクは何位??
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。