スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「一歳から包丁を」


ちょっと過激なタイトルにひかれ、
図書館でかりた一冊。

小さいうちから料理を教えることが、
食育にもなり、 偏食を防止することであり、
スキンシップであり、親の忍耐であり・・・

という本で、後半は子どもにオススメの料理道具と
オススメの調理法がたくさん。

自慢じゃないけど、私はこどものころ、
まったくお手伝いをしたことがない!!
料理なんてやりたいとも思わなかった。

でもヒロキには、遊びの延長のように
たのしくお料理を覚えてもらおうかなあ♪
わたしみたいにならないように・・・

てはじめに、タマネギでもむいてもらおうかなぁ・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

かじゅ改め、かなです。
著者の方が監修された子ども用の包丁を、こないだ生協で買いました。
うちの子お料理にすごく興味があって、私の持ってる包丁の柄の端っこを持って手伝ってくれるんです。
なので、そろそろMY包丁いいかなあ、って。
私も保育園の頃から包丁握ってましたし。
でも…絶対ひやひやするでしょうし、忍耐が必要ですよね。
そんなわけでまだ開けてないのですが…(^_^;)
時間の余裕のあるときに、ぼちぼちやるのがいいかもしれないですね。

ヒロキくんも、お料理好きになってくれるといいですね(^^)

忍耐・・・

一回させると、いや~、大変ですよ。特に女の子は、かな。
とにかく邪魔!!です(ToT)
でも、そんなこと言えないし(あ、時々言っちゃうけど)、いいことには違いないし、経験した分だけ上達するし、でまぁ、やらせるんですけど、うちは、食べない。
そして、ひたすら、「どうして&やりたい」攻撃。
忍!忍!忍!の連続ですな~。

>かなさん
あ、そんな包丁がでてるんですね。
私もいずれ、買おうっと♪

でも確かに、実際にやらせるには心の余裕が必要ですね。
できれば時間がたっぷりあるときだけやらせたい。
忙しいときは遠慮してほしい・・・親のわがままかな??

>メイさん
あはは、確かにじゃまだろうな~
でもこの本によると

「大きくなった頃、夕飯の買い物から片づけまで全部やってくれるようになる
そのときすご~く楽できるんだから、今は忍耐!」
・・・みたいなことが書いてあったよん

「なんで?どうして?」っていいながら、みんな成長するんだね~♪
プロフィール

ひまわり ゆき

  • Author:ひまわり ゆき
  • 整体・リフレクソロジーのセラピスト。 
    2005年に長男ヒロキ,
    2009年に次男トモキを出産。現在ぼちぼち仕事に復帰

    ↓↓↓現在のランクは何位??
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。